頑張っている!を数字に変える!


 

 

頑張っているを分析していますか?

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます

魁!酸素塾も無事に2期が修了!
5月より3期が始まるのですがすでに2名のお申し込みが・・
気合い入っていますね!

1月22日12時
オンラインサロン「治療院見える化経営会議」

の開設が決まりました!

 

今後はオンラインサロンで密度の濃い情報交換をしていきます!
一層気合いが入ります!

2月25日のキックオフイベントはこちら
https://www.reservestock.jp/events/233909
オンラインサロンに入らない方も一般価格で参加する事は可能になっています

 

今日のテーマは「頑張っている分析」です

経営が安定していない先生や
愚痴を言っている雇われるの先生の
多くは自分の数字を知らない先生が多いです

頑張っている
患者さんが良くなってる

というところで終わっている事が多いわけです

少し厳しい事を言いますが

頑張っている、良くなっている

だけでは売上は残念ながら上がりません!

そういう事をいうと

「僕はカネカネで生きているわけじゃないから・・」

と言われてしまうのですが・・・

それは私も一緒ですからね・・(^^;

 

何度も言ってますが

お金=信用

売上が上がらない、自費に移行したら患者減る

と言う方は

そもそも信用度が低い

というサインかもしれません・・

 

頑張っている→
何を?何人施術したの?何人紹介生んだ?

患者さんが良くなっている→
で紹介は生まれたの?
紹介ないという事は感動させてない証拠
感動しない映画を観て、みんなに観に行けという?

とスタッフに問い詰めたりします^^;

もちろんフォローもしていますが…
スタッフに対して叱る場合は
数字という根拠をもとに叱らないといけない

そしてあくまで叱るは
自分の伝える技術不足

という事を知るべきだったりします

このような事をオンラインの中や定期的に開催する

オフ会でディスカッション出来たら良いかなあと考えています(^^)

 

自分の仲間6人を足して割った数が自分の収入になる

 

という話は聞いた事ありませんか?

それ位、意識の高い仲間を作る事って大切なんです!

 

来年は新しい扉開きませんか?

オンラインサロンの詳しい情報はメルマガにて配信中

https://www.reservestock.jp/subscribe/24298