発想力を大切にする事



ちょこちょこ動画での解説も入れていきます。

今回の動画は仙腸関節の調整です。
自分の師である仙台のふじい接骨院院長藤井裕文先生が開発した方法をアレンジしたものです。
僕は過去に人体解剖を5度ほどさせて頂いたのですが、医学会の原則は
「仙腸関節は動かない!」
先日のタイでの人体解剖でもドクターが明確に言ってました。
そして
「御献体でAKAやってみてください」
とやってみたわけです。
「確かに動かない」
そこでドクターが助け舟の一言
「ただし仙腸関節をテコとなって結果的に腰椎が動いていると表現するとしたら間違っているとは言えない。」
僕は
「なるほど~~」
と思いました。

僕たち治療家は、極論すると動くとか動かないに囚われすぎてはいけないのではと・・・
ドクターの解釈を知った上で、患者さんにも誤解や不安を与えないように配慮しながら、
治療効果にこだわるのが爽やかでないでしょうか?

発想力を鍛える事こそ治療家の醍醐味ではないでしょうか?

この動画が参考になりましたら試してみてください(^^)
ただし仰向けでの調整の際、腰椎の前弯が強い方に対しては膝を曲げるなどの工夫も必要ですからね!

このあたりの伝え方は
9月25日(日)の伝わる!治療院経営セミナーでもお話します!

残り2名!

http://www.reservestock.jp/events/129355

技術的な事に関しては11月23日(水・祝日)に黒幕理論セミナーを久々に開催予定です
詳しくはメルマガにて先行発表させて頂きます!
ご登録お願いしますm(_ _)m
http://www.reservestock.jp/subscribe/24298